その他のお悩みに

その他のお悩みに その他のお悩みに
その他のお悩みに

シャトルに何メートル巻きますか?

生徒さんがよく『どのくらい巻きますか〜』なんて簡単に聞かれてますけど、先生も作るときは長年の勘でできてしまい、確実な使用量は調べてみないと分かりませんよね。最初に作品をつくるときに適当にシャトルに巻いて作ってしまい、使った量がわからず、小さいものは結局もう一度作りなおすこともあるんですよね。
その他のお悩みに

名前が8割~かんたんなタティングレースにだまされるな~

かんたんな・・・とか、はじめての・・・とかの本を買ったのに、難しいじゃないか!ということありませんか?全然簡単じゃないのに、本を買う方はほとんどが初心者さんなので、このワードを入れてほしいと出版社が決めるそうです。
その他のお悩みに

タティングの洋書によく【Joint(ジョイント)】とだけ書いてあるのですが、何つなぎですか?

昔の本や洋書にはリバースワークもつなぎ方も書いていないことがあります。特に指示がない場合、つなぎ方は先生によっても違い、デザインによっても違い、好みによっても分かれます。最近は名前を付けて技法として明確に指示されるようになったということだと思いますが、どのつなぎ方でも間違いではありません。
その他のお悩みに

一番知りたい!?タティングを売る資格や教える資格ってあるの?

お店におりますと、お客さんや先生、生徒さんから、商品のことだけではなく、タティングに関するいろいろなことを質問をされます。皆さんどこに聞いていいかわからず、悩んでいることだと思いますので、今日はその模様を問答形式で書いてみました。
その他のお悩みに

デザインができるようになりたい~タティングデザイナー、タティング作家を目指すあなたへ~

オリジナルのデザインを作ってみたい・・・これはハンドメイドをする人の夢でもあります。デザインとは、センスなどだけではなく、一般には、見たもの、作ったものの積み重ねと、その組み合わせ、組み替えによってできていく、技術とマーケティングのバランスの上にあるものなのです。
その他のお悩みに

タティングシャトルはどれを使えばよいか

タティングをするときに使うシャトルはどれがよいか、たくさんあって迷ってしまうことはありませんか?角付き、角なし、かぎ針付き、ボビン付き、といろいろな種類がありますが、好みや用途によって便利なシャトルは違います。厚さや大きさの違いと使い心地の違いを解説します。
その他のお悩みに

スプリットリングがわからなくても大丈夫。できるものはたくさんあります。

リングが均一に絞れない方、リバースワーク・・・???の方、リングのみのお花の最後のピコつなぎがわからない段階では、スプリットリングはまだ使わなくて大丈夫です。かんたんな技法だけでもできるものはたくさんあります。タティングの上達のためには、色々な技法を知ることよりも、簡単な技法でも繰り返して作品を完成させることが大切です。
その他のお悩みに

タティングレース、独学習得はもうギブアップ~習いに行こうか~お悩みのあなたへ

タティングをやってみたい!と本を買って始めてみても、何を言われているのかわからず、どうやってもできない・・・と、途方に暮れるというかたの方、独学が挫折しそうで、習いに行こうかお悩みの方に、いろいろな形のレッスンがありますのであきらめないで!
その他のお悩みに

キットが仕上がらないわけ(理由と対処法)

買ったはいいけど、キットが仕上がらないでどんどん貯まるという方はいらっしゃいませんか?デザインの面白さだけでなく、技法のレベルにあったキットをお選びになることで、楽しく上手に仕上がります。出来なかったと放置せずに、ぜひ仕上げてくださいね。
その他のお悩みに

タティングの手加減は十人十色

タティングは人によって手加減が違い、出来上がりに大きく差が出ます。お陰様で大好評の Aphyuオリジナルキット【いちばんかんたんなティッシュケース】ですが、早速作ってくださった方から『小さくなっちゃった~』とご報告がありました。ご自身のやり方もあるとは思いますが、ティッシュのサイズに合わせて作ってくださいね。どうしても合わないときの裏技は・・・
タイトルとURLをコピーしました