タティングレース、独学習得はもうギブアップ~習いに行こうか~お悩みのあなたへ

その他のお悩みに

タティングレースを独学でできた方はすごい!と思います。

タティングをやってみたい!素敵なピアスが作りたい!と本を買って始めてみても、最初から何を言われているのかわからず、どうやってもできない・・・と、途方に暮れるというかたの方がほとんどではないでしょうか。

タティングを本や動画だけで習得するのは至難の業ですが、ほんのちょっとレッスンを受けられただけで今までの悩みが嘘のようにできるようになります。

独学が挫折しそうで、習いに行こうかお悩みの方に、いろいろな形のレッスンがありますのでおしらせします。

カルチャーセンターに申し込む

 以前はタティングの講座を探すのは大変でしたが、現在は主要都市のカルチャーセンターには多くのタティングの講座ができました。
 価格は、入会金(1万円程度)があるところとないところがあります。
 月2回の初心者クラスを半年分申し込んで3万円から4万円(1回分が3,000~3,500円程度)のところが多いです。

メリット
  •  同じ先生に定期的に習うことで安定してスキルアップできる
  •  ほかの生徒さんがいるので、一緒に頑張れる
  •  期間分の先払いなので、慣れるまで挫折せず持続がしやすい
  •  カルチャーセンターが間に入ってくれるので、トラブルになりにくい
デメリット
  •  近くにない場合通うのが大変
  •  途中解約がしにくい
  •  決まった曜日に都合がつかない
  •  課題があり、好きなものが作れない

ワンデーまたは個人主催のレッスンを見つける

当店のレッスンスタイルがこれです。

当店では空いていればいつでもレッスンができます。レッスンスケジュールはこちら

メリット
  •  作りたいものがあるときやわからないものがあるときだけ学べる
  •  続けて同じ先生に習うこともできるし、好きな時に好きな先生に習うこともできる
  •  曜日の都合がつかないときでも、別のクラスがある
  •  やりたいことのリクエストができる
デメリット
  •  近くに先生がいない
  •  先生や課題やレッスンの情報が入りにくい
  •  予約を取らないと席が取れない
  •  その都度の課題なので、通わないと総合的なスキルアップがしにくい

近くでやっていないという方!探せてないだけかも

  •  お近くの手芸店や手作り市や手芸展などでもワークショップが開催されることがあります。(HPやSNS等で探してみてください。)
  •  ココナラなどのスキルサイト、ストアカなどのレッスン検索サイトでも、近くでレッスンができる先生が見つかるかも。

最初は対面レッスンをお勧めするわけ

今は無料の動画サイトなどでも手の動きを見ることができますが、今から始める方には一度はレッスンを体験されることをお勧めします。

  •  タティングの初歩は、手の形や動きよりも、糸の引き加減や寄せ加減の方が大切で、その加減はオンラインでは伝わりにくいため
  •  SNSの動画等は習ったことのない独学の方の発信もあるため、一般的な手運びと違う場合があるため
  •  先生や先輩や同じレベルの他の方の手の動きや作品を見ることが、一番の勉強になるため
  •  悩んでいる時間を考えたら、習った方が早く安いため

独学でやってきてもどうしても納得がいかず、始めから習いたいとレッスンにいらっしゃる方が最近多いです。
でもなかなか癖が直らなかったり、いろいろなやり方を知ってしまってからでは、どれがいいかわからなくなってしまうということもあるのです。

初心者の方には、考え悩む前に1度レッスンにいらしてほしいです。

遠い、外出できないという方・・・その他のいろいろな習得方法

そのほかにもご予算に合わせて習得方法はいろいろあります。詳しくはこちらに一覧表にしています。

タティングレースを始めたい、習いたいけどどうしたらいいかわからない方へ

ご自分でやってみたい方には初心者キットがおすすめです。

初めてのタティングセット 

内容: 書籍 1 (Clover わかりやすいタティングレース) ・シャトル 2 
レース糸 2玉分

糸の巻き方、シャトルの持ち方を始め、ダブルステッチ、リング、ブリッジ、ピコットを練習したら、お花、ビーズを使ったブレスレット、ネックレス、シャトルを2つ使ったモチーフ、ドイリーと順に進んでいくうちにタティングの基礎が学べます。糸の色は選べません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました